Â?ジノ ライセンス とは

によって所有、運営されているオンラインカジノです。2014年の誕生以来、信頼性の高いライセンスを保有するオンラインカジノにおいて、ビットコインが利用可能な初めてのプレミアオンラインカジノとして、仮想通貨ゲーミングの先駆者として、新たな仮想通貨を採用してお客様の利便性を高めてきました。 最高のカジノアプリ 日本から海外運営のカジノをプレイするのは? では日本在住の方が、上記で述べた”ライセンスを取得し海外で運営されているオンラインカジノ”をプレイするのはどうでしょうか?これは2019年現在もいわゆる グレーゾンのままです。 グレーゾーンとはつまり、良し悪しを決定する法律が整っておらず、違法か合法か定まっていない状況を指します。急速なIT等の発展に法整備が追いついていないのが、グレーゾンが存在する1つの理由になります。 ちなみに、日本で人気のパチンコもグレーゾーンに当たります。 賭博法が適応されない理由 さて、ご存知の方も多いと思いますが、日本には賭博を取り締まる賭博法が存在します。しかし、この賭博法にはポイントがあります。それは” 胴元を検挙することが前提であって、胴元の検挙なくして賭博法の成立はない“と言う事。 オンラインカジノの胴元(運営)はオンラインカジノが合法の国にあり、ライセンスを取得しています。 当然、合法の国で運営を行なっている企業を検挙する事はできませんし、違法とする適当な理由もありません。 逮捕者が不起訴を勝ち取ったケース 上記に胴元がオンラインカジノが合法の国なら、賭博罪は成り立たないと書きました。しかし2016年3月、日本国内から海外運営のオンラインカジノをプレイしていたプレイヤー3名が逮捕される事件が起きました。 この内2名はすぐに略式起訴(罰金刑)を受け入れ、罰金を支払い事を済ませました。しかし、1名は逮捕・略式起訴に納得がいかず、裁判で争う事を決意。結果、2017年1月に 不起訴を勝ちとる結果となりました。 不起訴を得た人がいると言う事は、同じ事をして逮捕される事はない裏付けでもあります。ある一人は不起訴を得たのに、他の人は不起訴を得ないと言う事は起きないでしょう。 この件の弁護を担当した津田岳宏弁護士は、競馬やパチンコなどの賭博行為が行え、更にはカジノ法案も可決された今日の日本で、微罪を適用して刑に処することが刑事政策的に妥当ではないと主張。 津田岳宏弁護士 そして不起訴と言う結果に対し、 オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただ1つ、そしてその1つが不起訴。平たく言うと「おとがめなし」とコメントしました。 カジノ法が成立したから合法/違法になる? さて、カジノ法が成立したことで、オンラインカジノは合法/違法になるのかですが…答えは、どちらにもなりません。 そもそもIR推進法(カジノ法)は統合リゾート施設に備わるランドカジノに適用される法律であり、 オンラインカジノと直接的な関係はありません。ですから、カジノ法が可決されたからと言って、オンラインカジノが違法/合法と見做される事はないのです。オンラインカジノにはオンラインカジノを規制する法律が別に必要という事です。 IR推進法について詳しくはこちらから。 カジノ法は直接的にオンラインカジノに影響しないと記しましたが、間接的な影響は予想されます。 というのも、ランドカジノがオープンすることで、カジノはより身近な存在になります。すると、必然的にオンラインカジノに関する情報に触れる機会は増え、プレイヤーの増加が予想されるからです。また、それに伴いオンラインカジノに関する法の整備が行われる可能性もあります。 よくある質問:オンラインカジノの違法性 それと同じように、 海外にあるオンラインカジノで日本人が遊んでも罪には問われないということです。 まず、日本の刑法の賭博罪(同法185条)は、日本国外で行った賭博行為(国外犯)には適用されませんから(刑法2条、3条)、国外で賭博を行っても日本の刑法では罰せられることはありません。 引用元: 弁護士津田岳宏のブログ つまり、胴元が逮捕されずに、プレイヤーだけが逮捕されるのはあり得ないという意味です。 そのため、 プレイヤーのみを有罪にするのは難しいということになります。 オンラインカジノというものは基本的に、イギリスやマルタ共和国、フィリピンなどの 政府機関から許可を得て運営をしています。 結果が出たのは,間違いのない事実である。 本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。 言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。 引用元: 三堀法律事務所のブログ このように、 法律で決められていることなので、はっきり言ってこれ以上解説することがありません。 日本人プレイヤーが逮捕された事例がある 2017年1月、オンラインカジノで遊んでいた日本人プレイヤーが逮捕された話は有名ですよね。 しかし 結局は、裁判で不起訴(無罪)となりました。 ▼担当弁護士のコメント 賭博行為について,刑事責任のメインは開張者(胴元)が負うのであり,賭博者(客)が負う責任はある意味で付随的である。 賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的におこなうものであり,「賭博事犯の捜査実務」にもその旨記載がある。 引用元: 弁護士津田岳宏のブログ このように、 裁判よる正式な『不起訴の判例』が出来たことにより、今後、海外オンラインカジノで日本人が遊んでも罪には問われないということになります。 では、どれが違法カジノなのか 1.日本国内にある「隠れカジノ・闇カジノ」 国内にあるカジノは全て違法です。 店舗型、またはオンラインカジノの運営も禁止されています。 お金を賭けないアミューズメントカジノであれば問題ありません。 2.ネットカフェ型のオンラインカジノ 店内にパソコンを並べて、客から場代(使用料)を貰い、オンラインカジノで遊んでもらう。 こういったお店も、「国内に店舗を構えている」ので賭博法にひっかかります。 『カジノ法案』可決!日本にカジノが出来た後はどうなる? カジノ法案は、正式にはIR(統合型リゾート)整備推進法案といい、IRに関する法律であって、 オンラインカジノに直接関係はありません。 また、日本にカジノができた後、日本企業が運営するオンラインカジノが誕生することもありません。 理由としては、 日本のカジノライセンスを取得したIR事業者が運営できるのは、リアルカジノ限定だからです。 関連記事 2ちゃんで話題沸騰【$爆裂】セーラームーンにそっくりなスロットが凄い|MoonPrincess 【最新版】日本人におすすめのオンラインカジノ5選 以下のオンラインカジノは、完全日本語対応&スマホ対応となっています。 日本人限定のボーナスが充実しているためおすすめです。 1 オンラインカジノ安全性. ベラジョンカジノ⇒( 練習モード&登録方法についてはこちら) >>ベラジョンカジノ 入金不要ボーナスは こちら から 日本で最も選ばれているオンラインカジノです。 ウェルカムボーナス: • English一覧 CoD モダン・ウォーフェアとウォーゾーン、新しいJAK-12ショットガン導入 Marie Okamoto 2020-10-15 Bitcasino は、オランダ領キュラソーに籍を置くmBet Solutions NV. によって所有、運営されているオンラインカジノです。2014年の誕生以来、信頼性の高いライセンスを保有するオンラインカジノにおいて、ビットコインが利用可能な初めてのプレミアオンラインカジノとして、仮想通貨ゲーミングの先駆者として、新たな仮想通貨を採用してお客様の利便性を高めてきました。 最高のカジノアプリ 日本から海外運営のカジノをプレイするのは? では日本在住の方が、上記で述べた”ライセンスを取得し海外で運営されているオンラインカジノ”をプレイするのはどうでしょうか?これは2019年現在もいわゆる グレーゾンのままです。 グレーゾーンとはつまり、良し悪しを決定する法律が整っておらず、違法か合法か定まっていない状況を指します。急速なIT等の発展に法整備が追いついていないのが、グレーゾンが存在する1つの理由になります。 ちなみに、日本で人気のパチンコもグレーゾーンに当たります。 賭博法が適応されない理由 さて、ご存知の方も多いと思いますが、日本には賭博を取り締まる賭博法が存在します。しかし、この賭博法にはポイントがあります。それは” 胴元を検挙することが前提であって、胴元の検挙なくして賭博法の成立はない“と言う事。 オンラインカジノの胴元(運営)はオンラインカジノが合法の国にあり、ライセンスを取得しています。 当然、合法の国で運営を行なっている企業を検挙する事はできませんし、違法とする適当な理由もありません。 逮捕者が不起訴を勝ち取ったケース 上記に胴元がオンラインカジノが合法の国なら、賭博罪は成り立たないと書きました。しかし2016年3月、日本国内から海外運営のオンラインカジノをプレイしていたプレイヤー3名が逮捕される事件が起きました。 この内2名はすぐに略式起訴(罰金刑)を受け入れ、罰金を支払い事を済ませました。しかし、1名は逮捕・略式起訴に納得がいかず、裁判で争う事を決意。結果、2017年1月に 不起訴を勝ちとる結果となりました。 不起訴を得た人がいると言う事は、同じ事をして逮捕される事はない裏付けでもあります。ある一人は不起訴を得たのに、他の人は不起訴を得ないと言う事は起きないでしょう。 この件の弁護を担当した津田岳宏弁護士は、競馬やパチンコなどの賭博行為が行え、更にはカジノ法案も可決された今日の日本で、微罪を適用して刑に処することが刑事政策的に妥当ではないと主張。 津田岳宏弁護士 そして不起訴と言う結果に対し、 オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただ1つ、そしてその1つが不起訴。平たく言うと「おとがめなし」とコメントしました。 カジノ法が成立したから合法/違法になる? さて、カジノ法が成立したことで、オンラインカジノは合法/違法になるのかですが…答えは、どちらにもなりません。 そもそもIR推進法(カジノ法)は統合リゾート施設に備わるランドカジノに適用される法律であり、 オンラインカジノと直接的な関係はありません。ですから、カジノ法が可決されたからと言って、オンラインカジノが違法/合法と見做される事はないのです。オンラインカジノにはオンラインカジノを規制する法律が別に必要という事です。 IR推進法について詳しくはこちらから。 カジノ法は直接的にオンラインカジノに影響しないと記しましたが、間接的な影響は予想されます。 というのも、ランドカジノがオープンすることで、カジノはより身近な存在になります。すると、必然的にオンラインカジノに関する情報に触れる機会は増え、プレイヤーの増加が予想されるからです。また、それに伴いオンラインカジノに関する法の整備が行われる可能性もあります。 よくある質問:オンラインカジノの違法性 それと同じように、 海外にあるオンラインカジノで日本人が遊んでも罪には問われないということです。 まず、日本の刑法の賭博罪(同法185条)は、日本国外で行った賭博行為(国外犯)には適用されませんから(刑法2条、3条)、国外で賭博を行っても日本の刑法では罰せられることはありません。 引用元: 三堀法律事務所のブログ このように、 裁判よる正式な『不起訴の判例』が出来たことにより、今後、海外オンラインカジノで日本人が遊んでも罪には問われないということになります。 では、どれが違法カジノなのか 1.日本国内にある「隠れカジノ・闇カジノ」 国内にあるカジノは全て違法です。 店舗型、またはオンラインカジノの運営も禁止されています。 お金を賭けないアミューズメントカジノであれば問題ありません。 2.ネットカフェ型のオンラインカジノ 店内にパソコンを並べて、客から場代(使用料)を貰い、オンラインカジノで遊んでもらう。 こういったお店も、「国内に店舗を構えている」ので賭博法にひっかかります。 『カジノ法案』可決!日本にカジノが出来た後はどうなる? カジノ法案は、正式にはIR(統合型リゾート)整備推進法案といい、IRに関する法律であって、 オンラインカジノに直接関係はありません。 また、日本にカジノができた後、日本企業が運営するオンラインカジノが誕生することもありません。 理由としては、 日本のカジノライセンスを取得したIR事業者が運営できるのは、リアルカジノ限定だからです。 関連記事 2ちゃんで話題沸騰【$爆裂】セーラームーンにそっくりなスロットが凄い|MoonPrincess 【最新版】日本人におすすめのオンラインカジノ5選 以下のオンラインカジノは、完全日本語対応&スマホ対応となっています。 日本人限定のボーナスが充実しているためおすすめです。 1. ベラジョンカジノ⇒( 練習モード&登録方法についてはこちら) 5.チェリーカジノ⇒ ( 練習モード&登録方法についてはこちら) 4.インターカジノ⇒ ( 練習モード&登録方法についてはこちら) >>ベラジョンカジノ 入金不要ボーナスは こちら から 日本で最も選ばれているオンラインカジノです。 ウェルカムボーナス: • プリペイドカード • ライブオッズ • ecoPayzとは? • 日本のカジノ • 決済方法一覧 • インターネット問題 / • プリペイドカード • 新製品情報一覧 • 使える入出金。 自分の国に許されている支払い方法があるかどうかチェックするのもお勧めです。 • ライブオッズ • 評価とレビュー。 カジノフォーラムやネット上でプレイしたいオンラインカジノ 評判を必ずチェックしてください。 もしも、自分で以上の点をすべて調べるのがいやでしたら、カジノHEXにお任せ、私たちのカジノリストをお使いください。カジノHEXはお客さんにトップオンラインカジノのみ紹介したいので、当サイトでは以上の点を満たしていないカジノが一つもありません。 オンラインカジノでどんな決済サービスが使えるの? オンラインギャンブルに適当な決済サービスの選択は本当に豊かです。使えるのはクレジットカード(VISA, Master Card, JCB)、プリペイドカード、様々なイーウォレット、ビットコインや他の仮想通貨です。 日本人のプレイヤーが便利に利用できるのはイーウォレットのEcopayzやiWallet、Venus Pointとビットコインです。クレジットカードはもちろん使えますが、多くのカジノでは入金のみに使えるので、出金するにはイーウォレットとか使う必要があります。 ペイアウトパーセンテージ(RTP)とは? ペイアウトパーセンテージ、つまり、プレイヤー還元率(RTP)とは、リアルマネーカジノオンラインがプレイヤーに支払った金額です。これはハウスエッジの反対もので、ハウスエッジは5%の場合、ペイアウト率は95%になるということです。主に82%から98%までになります。 しかし、それぞれのプレイヤーの勝つチャンスはランダムですから、上記のパーセンテージは自分の勝ち目を予測するのに当てになりません。eCOGRAやTechnical Systems Testing (TST)などのオンラインカジノのペイアウト率をチェックするテスティング組織がいくつかあります。 お金を入金するとき、問題が起こったら、どうするの? 入金問題が発生したら、まずはアカウントに必要な金額があるかどうか、またはクレジットカードのインターネット送金が可能かどうかチェックしてください。そして、ある銀行はオンラインカジノへの送金額を限定するので、もっと小さいデポジットをしてみてください。 ギャンブル会場は時々最高入金額を制限しますから、もっと大きいデポジットをしたいなら、二つの支払いをしてください。 ある決済方法はたちまちで、他の方法は待つ必要があります。電子ウォレットを使って、一瞬の送金手続きができます。 それで、入金に関する問題がある場合には、カジノのサポートもチェックしてください。最高のギャンブルサイトでは、電話やメールで連絡できる多言語オペレーターがいます。 賞金を引き出すにはどのくらいかかるの? 電子ウォレットを使っている場合、オンラインカジノから現金を引き出すには約2~3営業日がかかります。 クレジットカードの場合、一週間までかかります。しかし、これは金融機関に確保されたもっとも安全な方法です。 電信送金の場合、オンラインカジノオペレーターから賞金を引き出すには5~10日がかかります。 カジノゲームは公平なの? カジノゲームは公平かどうかわかるには、ゲームのソフトウェアをチェックしないといけません。ちゃんとしたソフトウェアなら、 RNGという乱数発生プログラムによって運営されているので、ゲームの結果は完全にランダム化され、公平性が保護されます。 どんなオンラインカジノ ソフトが良いか迷っているとき、業界の最大なソフトウェア開発会社のMicrogaming, Playtech, NetEnt, Play n Goなどからのゲームを選んだら、安心してプレイできます。 英語がわからなくてもオンラインカジノでプレイできるの? もちろんプレイできます。完全に日本語対応のオンラインカジノが多数あります。カジノHEXはお客さんに日本語オンラインカジノのみ紹介しているので、私たちのリストからお好みのカジノを選択できます。 オンラインカジノおすすめと言ったら、 ベラジョン (Vera&John)、ラッキーニッキー (Lucky Niki)、カジ旅 (Casitabi)などです。サイトはもちろん日本語になっているし、サポートも日本語対応なので、楽に遊べます。 カジノを プレイするだけ でなく、 カスモ君と カスモワールドを 冒険しながら 宝もの (ボーナス・ フリースピン・ ギフト) を獲得し、 さらに 新しいレベルを 目指しましょう! Sticky Bandits Wild Return 賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ 不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件 カスモ徹底分析【限定キャッシュスピン40回登録特典&特大ウェルカムオファー】 • 300%入金ボーナス • カジノボーナス • 最新カジノ • ✓日本語電話サポートあり • 6 トランプ前大統領も泊まったホテルのレストランが一つ星に! 星も納得できる3つの特長(東龍) • 400%入金ボーナス • ギャンブリング • カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が2018年に可決され、注目が徐々に集まっているカジノですが、以前から日本国内でオンラインカジノをプレイしている人は多くいます。しかし、現在の日本ではカジノなどの賭博行為は違法。闇カジノやインカジと呼ばれる裏の.. カジノ 日本語 https://bantiindonesia.com/a%e3%82%b8%e3%83%8e-%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88-%e6%97%a5%e6%9c%ac/. 信頼できるネットカジノを選ぼう インターネットカジノではネット上で24時間、マカオやシンガポール、ラスベガス同様にお金を賭けてプレーすることができます。また、無料の練習モードで遊ぶこともできます。ネットカジノはいつでもどんな格好でも、あなたのペースでじっくりとプレイすることができるのです。 紹介しているネットカジノはすべて海外の政府機関から発行された正式なライセンスを得て運営されています。ゲームの公正さ、支払いの確実さ等、プレイヤーの懸念する様々な事項は厳格に審査され、ライセンス発行されており、プレイヤーをインチキやイカサマなどの不正から守ってくれます。 について解説してきました。 そして「オンラインカジノは、海外で合法的に運営されているので違法ではない!」という事をご理解いただけたと思います。 オンラインカジノを始めたいと思ったら、まずはじめに気になるのが法律問題です。 日本では法律で賭博が禁止されているということは、みなさんもご存知かと思います。 そこでオンライン「カジノ」と聞くと、「日本でオンラインカジノをプレイすると違法になるのでは?」と思ってしまいますよね。 結論からいうと、 日本でオンラインカジノをプレイすることは 違法でも合法でもありません。 どういうこと?と思われたかも知れないですね。理由についてはここから詳しく説明していきたいと思います。 オンラインカジノを始めるなら、オンラインカジノと法律の関係については必ず理解しておくようにしましょう。 英語表記を日本語に変える方法はないの? 英語表記になっているオンラインカジノは、日本語に変えることは難しいです。 翻訳ソフトなどを利用し、自力で日本語に変換する必要があります。 多くのオンラインカジノが日本対応をしていますが、まだ英語や中国語表記のものがカジノサイトがあります。 できれば日本語対応しているオンラインカジノがいいですが、英語表記の場合は自力で翻訳をしましょう。 日本語対応していてスマホでもできるオンラインカジノはどこか Live Casino House (ライブカジノハウス) 以前各所で報道されていたように、日本国ではカジノなどを含んだ統合型リゾート(IRもしくはIntegrated Resort)を許可するための法律制定の議論で2018年の7月20日の夜中に参院、自民、公明で賛成する割り合いが多くなり、許可を求める側が勝利しました。よってこの法律は初めて成立したことになっています。これでますます娯楽への道が開けてきたことになりますが、遊ぶための選択肢が増えたということは、遊ぶ側もそれなりの知識を得ることが重要になるということでもあります。オンラインカジノの数はこれからますます増えていくとみられ、その仕組みや最適に遊べる方法を見出すためにはそれなりの勉強も必要になってきます。 • ベット • 特集記事一覧 • ゲームの数は業界No.1 入金不要ボーナス30ドル! + 20回 最高のフリースピンが楽しめるサイト 今すぐプレイ For help, support & advice about gambling please contact the National Gambling Helpline over the phone 0808 8020 133 or online visit BeGambleAware and GamStop.

フリースピン オンラインスロットマシンのフリースピン数がカジノに決定されています。普通なら、フリースピンボーナスは賭け条件がないので、お客さんは賞金の全額を好きに利用できます。しかし、そんなボーナスはよくあるゲームのみで使用可能であり、時間制限も時々あります。そんなボーナスは登録したプレイヤーを励まして興奮させる売りだとも言えます。 フリースピンボーナスは主に2つのタイプに区別され、入金不要スピンと入金必要スピンとなります。入金不要スピンは名の通り、デポジットを求めていなくて、ただ新規登録が必要です。入金必要スピンの場合は賭け条件があり、フリースピンから受け取った賞金を自由に出金する前に何回か賭けをすることがあります。 残る1人は逮捕に納得がいかないとして、弁護士をつけて徹底的に抗戦しました。そして逮捕からおよそ10か月後、本件を担当した弁護士のブログが更新されました。その内容は次の通りです。 2:01 3 コロナワクチン、火薬で打つ 発射知らせる「ピー」の音 • 400%入金ボーナス • Manekinekocasinoで紹介しているオンラインカジノの基準 クレジット決済 • 海外で運営されているカジノゲームは日本語に訳され、登録から出金まで必要な手続きを全て日本語で行う事ができます。英語の心配はなくライセンスを受けた安全なカジノゲームを日本語で遊ぶ事ができます。 日本円が使えるサイトがある • オンラインカジノ ゲームプロバイダー • ギャンブリング • 世界のギャンブル • 300%入金ボーナス • ✓日本語電話サポートあり • NewCasinos マカオ カジノ ライセンス.jp 独占ボーナス! • 2020年 クリスマスカジノボーナスandカレンダー • 使える入出金。 自分の国に許されている支払い方法があるかどうかチェックするのもお勧めです。 • 海外で運営されているカジノゲームは日本語に訳され、登録から出金まで必要な手続きを全て日本語で行う事ができます。英語の心配はなくライセンスを受けた安全なカジノゲームを日本語で遊ぶ事ができます。 日本円が使えるサイトがある • 日本のカジノ • ライブディーラーのライセンス • 勝っても負けても、賭け金合計の0 マカオ カジノ ライセンス.5%(最高$1000)を毎週還元できる カテゴリー • ライブカジノのソフト製作者 • 日本のカジノ • iWalletとは? • 300%入金ボーナス • すべての記事一覧 • ギャンブル依存症 • VIPライブディーラーカジノ • ギャンブリング • 年別 ベストオンラインカジノ • • 特集記事一覧 • 日本人プレイヤー向けのトーナメントは毎日のように開催され多くの日本人プレイヤーがカジノで賞金を手に入れています。スロットゲームのトーナメントでは€2000を上位で山分けしたり、フリースピンがもらえるプロモーションなど、様々なイベントが用意されています。日本向けのサイトが増える中、各カジノは日本人プレイヤーを手厚く歓迎していて、いろいろなサイトが選べるようになっていますが、その中でもCasino Topで紹介しているサイトは全て安心してプレーできる大手のカジノのみを紹介しています。 このように、日本市場に向けたオンラインカジノは日本人が利用しやすく、安全にカジノを楽しむ事ができるように整備されています。店舗カジノが楽しめない日本でも、オンラインなら自宅やモバイルカジノですぐにギャンブルを始める事ができ、店舗型カジノが違法なのに対し、規制がないオンラインカジノは、カジノを日本でプレイーしたいギャンブラーにとって最高の遊び場となっています。オンラインカジノは日本人プレイヤーに最高の環境を提供しています。安全で、気軽に楽しめるオンラインカジノをのぞいてみてね♡ • 初回入金ボーナスは200% • ガイド • 日本のカジノ • 2020年 最新カジノ • VenusPointとは? • ライブディーラーカジノゲーム • ゲーミフィケーション カジノ VIPプログラム • ボーナス計算機 • 決済方法一覧 • カジノ比較ツール • ライブディーラーのライセンス • ホーム / • ゲームの数は業界No マカオ カジノ ライセンス.1 入金不要ボーナス30ドル! + 20回 最高のフリースピンが楽しめるサイト 今すぐプレイ For help, support & advice about gambling please contact the phone 0808 8020 133 or online visit BeGambleAware and GamStop マカオ カジノ ライセンス. フリースピン Jackpot Raiders {{::translations[‘review’].capitalizeFirstLetter()}} よくある質問 オンラインカジノは合法なの?違法なの? 現在の点では、オンラインカジノを明確に合法とする法律、またはオンラインカジノ 違法性を認める法律がありません。つまり、ネットカジノは違法ではないが、合法でもないため「グレイゾーン」にあります。 でも、最も重要なのは、安全でちゃんとライセンスされているオンラインカジノをプレイしているなら、逮捕されるリスクが全くありません。 オンラインカジノに年齢制限があるの? はい、あります。基本としては18歳未満の人はカジノでプレイすることができません。 しかし、あるカジノは国の制限とかあるゲームの制限があるため、プレイできる年齢も違う場合があります。ご注意ください。 安全なオンラインカジノをどうやって選ぶの? 悪質なオンラインカジノもたくさんあるので、カジノで入金する前に、そのカジノが安全かどうか調べる必要があります。注意を払うべきポイントは: • 200%入金ボーナス • 日本のカジノ •.